基本方針

 株式会社セック(以下、当社)は、金融商品取引法及び東京証券取引所の「有価証券上場規程」に定める会社情報の適時開示に関する規定(以下「適時開示規則」という)を遵守し、株主、投資家の皆様に対し、投資判断に重要な影響を与える事項について、適時、公平な情報開示を行うことを基本方針とします。
 また、それ以外の情報につきましても、当社を理解していただく上で有用と判断される情報は積極的に開示していく方針です。

情報開示の方法

 適時開示規則に該当する情報の開示は、適時開示規則に従い適時開示情報伝達システム(TDnet)において公開し、当ウェブサイト上でも速やかに公開します。なお、当ウェブサイトへの掲載は、システムの都合上、TDnetにおける公開時期より遅れることもあります。
 また、適時開示規則に該当しない情報を開示するにあたっても、適時開示規則の趣旨を踏まえて適切な方法による開示を行います。

沈黙期間について

 当社は決算情報等の株価に影響を与える情報の漏洩を未然に防止するため、各決算月(四半期を含む)の20日から決算発表日までを「沈黙期間」としています。この期間内は、決算に関する一切のコメントを差し控えさせていただきます。但しこの期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従って開示します。
 なお、未公開の重要な事実については、沈黙期間にかかわらず一切言及いたしませんのでご了承ください。